ぶるぶるくんの誕生ストーリー

リード楽器奏者にとってリードの良し悪しはとっても深刻。



市販のリードはハズレが多いし、アタリに出会うまでお金も時間も掛かる。


自分に合うリードを常にGETするにはどうすればいいか。。。。


吹きにくいリードを短時間で簡単に鳴りやすくできないか?

新しいリードをすぐに吹きやすくできないか?

お気に入りだったリードを昔のように復活できないか?



たくさんのプレーヤーたちからのさまざまな声を一身に受け…

「ぶるぶるくん誕生!!」



『ぶるぶるくん PAT4599616』

2010年に特許取得しました。



オーボエ、バスーン、クラリネットの各奏者によるモニターレポートにより客観的に効果を実証
ユーザーレポートはこちら

効果を感じなかった方々は次のような状態でした。

1、リードが非常に薄い、または非常に軟らかい。 基準ピッチより15セント程度低いリードでした。
2、楽器を吹き始めて3ヶ月程度の初心者。 演奏者本人は効果を感じていないようでしたが、 同伴の親御さん達は、使用前後での音色変化をはっきり認識されていました。
3、口唇圧(アンブシュアがリードにかける圧力)が相当高い。力(りき)んで吹いていました。
4、"リードの位置が口腔内に入り過ぎている方"や"呼気圧が不足(おなかの支え不足)している方"も若干おられました。

ぶるぶるくんの原理と効果についてはこちら(ただいま作成中)